不妊 原因

不妊の原因は女性?男性?

不妊で悩んでいるカップルが増加しています。なかなか赤ちゃんができないと、女性は責任を感じてしまいます。

 

そういう風潮があるんですよね。妊娠できないので女性が悪いというような。

 

でも女性だけが原因ではないんです。これは調べてみないと何とも言えないのですが、女性が原因な場合、男性が原因な場合、双方とも原因がある場合などいろいろあります。

 

ですから、赤ちゃんができないことを女性だけのせいにせずに、夫婦共に協力し合うことが大事です。

 

精子が元気でないと受精できない

男性が原因で妊娠できない場合の多くが精子にあると言われています。受精するためには健康な精子でなければいけません。しかし、最近は精子が死んでいたり、動きがおとなしかったり、形が異変している精子が多いんです。

 

受精するためには、元気な精子で、正常な精子が多く、精子の量が十分でないといけません。

 

男性不妊の改善に効果のある栄養素・食べ物とは?

生活習慣が乱れている方は、生活習慣の見直しをしていただきたいのですが、すぐに改善することはなかなか難しいですよね。そこでおススメなのが、男性不妊に効果的だと言われている食べ物を食べることです。

 

まずは亜鉛です。亜鉛には生殖器の機能を高めて、造精機能に影響を与え、精子の運動率をアップしてくれるんですよ。亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣です。海のミルクってよく称されていますね。

 

牡蠣以外だと、納豆、きな粉、干し椎茸、ほたて、うなぎ、豚レバーにも含まれています。

 

亜鉛以外にもおススメの食べ物がコチラ

亜鉛は男性不妊改善の代表的な食べ物ですね。亜鉛以外にも、おススメの食べ物があるのでご紹介します。まずは、ビタミンE・鉄分です。

 

ビタミンEは男性ホルモンの生成・分泌を活発にしてくれます。鉄分は精子形成を促してくれるんですよ。ビタミンEが多く含まれている食べ物は、いくら、めんらいこなどの魚卵に多く含まれています。またブロッコリー、ほうれん草にも含まれています。

 

鉄分はレバー、卵黄、シジミなどに多く含まれています。アルギニンは精子の増殖を活性化させてる成分です。アルギニンを多く含んでいる食べ物は、大豆、卵、玄米、肉類、チョコレートなどに含まれています。

 

チョコレートにも多く含まれているのですが、チョコレートだけ食べる!など極端なことはやめましょう。バランスの良い食事が大事です。

 

葉酸は男性も摂った方が良い?

葉酸といえば、妊娠を望む女性や、妊娠するかもという女性にマストの栄養素です。葉酸を摂取することで、先天性の奇形のリスクを減らすことができます。

 

この葉酸は、女性だけにおススメな栄養素ではありません。実は男性にも摂っていただきたい栄養素なんです。男性が葉酸を摂取することで、精子の染色体異常を減少させることができるんですよ。

 

妊娠を望むカップルの場合には、2人で葉酸を摂取すると良いです。

 

男性不妊の検査はどういうものがある?

男性が、自分のせいでなかなか赤ちゃんができないのか?と思ったら、病院に行って検査をしてもらいましょう。結果が出たほうが早く対策を講じることができます。

 

男性不妊の検査はいろんなものがあります。精液検査、ホルモン検査、染色体検査、Y染色体検査などいろんな検査があります。

 

お医者さんに相談することで、気持ちも軽くなりますし、女性も嬉しいと思います。妊娠を前向きに考えてくれているということは、当たり前のことではありますが、女性にとってとても心強いですよね。

 

どちらが原因でできない!という考えるよりも、事実をきちんと受け止めて、どう改善していくかという風に考えると、お互いわだかまりもなく妊娠について、考えることができるのではないでしょうか。

 

私はこちらの記事で紹介されていたベジママを使っています。
不妊に悩んでいるならぜひ使ってみてください。

 

ベジママの口コミや成分、特徴など|卵子の質に自信がない方に◎